オウンドメディア制作

オウンドメディアとは多様なメディアのハブとしての役割を担う自社運営のWebサイト

”自社運営のWebサイト”

オウンドメディアとは、簡単に言えば企業が自社で所有するメディアのことです。

広義な意味ではWebサイトだけではなく、広報誌や小冊子の様な媒体も含みますが、アール株式会社では“企業が活用する多様なメディア(ペイドメディア【費用を支払う広告】・アーンドメディア【Facebook等のSNS。信頼を獲得するメディア】)を統合し補完する、メディアのハブとしての役割を担う自社運営のWebサイト”と定義しています。

Webサイトのオウンドメディア化により得られるメリット

消費者自らが自発的に、情報を探しに来てくれる状態が生まれる

オウンドメディアを活用してコンテンツマーケティングに取り組むことで、良質なコンテンツが検索エンジンから高い評価を獲得出来るため、御社製品やサービスに関連した何かしらの情報を得ようとしたユーザーは、情報が蓄積された御社メディアへ自らの手で自発的にアクセスしてくれる様になります。

マーケティングは「アウトバウンド型」から「インバウンド型」へ

アウトバウンドマーケティング

企業から見込み客に対して
一方的にアプローチを行う施策

企業から見込み客に対して一方的にアプローチを行う施策
インバウンドマーケティング

見込み客の方から
企業発信の情報を見つけてもらう施策

見込み客の方から企業発信の情報を見つけてもらう施策

顧客に嫌われない、今までのマス広告に依存しない、御社独自のマーケティング活動が実現できる

街を歩けば綺羅びやかで目を引く看板、TVを付ければTVCM、新聞には大量の広告が挟まれ、会社にいても自宅にいても営業の電話が鳴り響く混沌とした日常の中で、消費者はアウトバウンド型の圧迫営業に嫌気がさしているとも言われています。

一昔前の大量生産・大量消費の物不足の時代においては、とにかく他より目立つことで注意・関心を集めることが重要視され、企業は一度でより多くの消費者へリーチ出来るマス広告への依存を強めていました。

しかし時代は移り変わり、このモノ余りの時代では、消費者の消費行動も大きく変わり、情報取得に対する環境の変化、マス広告全体の影響力も衰えてきたことから、近年は多くの企業が、マス広告に依存しない、顧客に嫌われない、独自のマーケティング活動を求め、インバウンド型のコンテンツマーケティングに力を入れる様になってきました。

オウンドメディアを活用したコンテンツマーケティングに取り組むことで、問題解決型の質の高いコンテンツが蓄積されたオウンドメディア周辺では、御社と顧客との間にロイヤリティのループが形成され、顧客との継続的なコミュニケーションの接点である「場」がうまれます。

顧客ロイヤリティのループ

継続的なコミュニケーションが日常的に生まれる事により、顧客に嫌われない、マス広告に依存しない、御社独自のマーケティング活動が実現できる様になります。

検索エンジン経由で継続的なアクセスを生み出す経営資産となる

良質なコンテンツが日々蓄積されるオウンドメディアは、検索エンジン経由で継続的なアクセスを生み出し、顧客データ・リード情報をリスト化し続ける御社の経営資産となります。

コラム一覧

現在、記事はございません

request資料ダウンロード

資料

コンテンツマーケティングに取り組もうとしているけれど、何から始めたらいいか分からないと悩んでいませんか?

コンテンツマーケティングの具体的な施策から流れまで、まずはこちらの資料をダウンロードしてご覧下さい。

資料ダウンロードはこちら

contactお問合せ

ホームページ制作・webマーケティングに関するご相談・お問合せはお電話またはメールフォームからお願いします。

097-552-0117 平日(土日祝日除く)10:00~18:00