用語集

2016.12.28

ビッグデータ

ビッグデータとは、商用データベースでは処理しきれないくらいの大量のデータのことです。

 

データの種類が多く、またそのデータの更新頻度が高いのもビッグデータの特徴と言えます。データの種類が多いということは、文字・動画・音声・数値といったものを含めるということです。

 

これまで商用データベースや統計解析のパッケージソフトでは顧客情報のみを取り扱うことが一般的でしたが、ビッグデータを活用するとなると状況が異なります。ソーシャルメディアでやり取りされるチャットや音声データも含めた、広くインターネット上に存在するデータもマーケティングのために分析できるようになっています。

 

この技術のおかげで、例えば電子商取引サイトではユーザーがある商品を購入した場合にお勧め商品をサーバーのプログラムが紹介する「レコメンデーション機能」の実装も可能になったのは有名です。

 

大量のデータをマーケティングで活かすにはインターネット上にあるデータを如何に速く解析するかも重要で、このビッグデータ解析においては、どれだけ質の高いデータベースソフトやハードウェアを使って処理を行うかも大変重要になっています。

 

text= アール株式会社
  • シェアする
  • LINEに送る

request資料ダウンロード

資料

ホームページを作りたい・リニューアルしたいけど「何からはじめていいのか分からない」と悩んでいませんか?

ホームページ制作の準備から、構築、施策立案運用までを分かりやすくまとめた資料を作成しました。

まずはこちらの資料をダウンロードしてご覧ください。

資料ダウンロードはこちら

contactお問合せ

ホームページ制作・webマーケティングに関するご相談・お問合せはお電話またはメールフォームからお願いします。

097-552-0117 平日(土日祝日除く)10:00~18:00