用語集

2016.12.28

リファラー(referer)

リファラー(referer)とは、ユーザーがサイトに流入する直前に見ていたWebページのことです。Webサーバーのアクセスログに記録されている項目の一つです。

 

これらを探っていくと、閲覧者がどういうルートをだどりサイトに訪問したのかわかるようになります。つまり、「A」の記事を見た後、「B」、「C」の記事を閲覧したなどといった、サイト内のどこを巡ったのか調べることができます。

 

たとえばこの時、訪問者は「A」→「B」→「C」といった順番でWebページを閲覧しています。そのため、この場合においてWebページ「C」から見ると、リファラー(参照元、リンク元)はWebページ「B」となります。

 

また、検索エンジンからの訪問の場合には、URLを調べることによって、どんなキーワードで検索したのか知ることができます。アクセス数が増えた時や減った際に、特定のページからの閲覧数の変化を知ることができ、そこから問題の原因を突き止めることもできます。それによりユーザーのニーズの把握ができ、ニーズを計画的に掴むサイトの改善へ役立てることもできます。

 

Web広告、アフリエイト収入などを考えてる方には、情報を分析するにあたり重要な項目となります。

 

text= アール株式会社
  • シェアする
  • LINEに送る

request資料ダウンロード

資料

ホームページを作りたい・リニューアルしたいけど「何からはじめていいのか分からない」と悩んでいませんか?

ホームページ制作の準備から、構築、施策立案運用までを分かりやすくまとめた資料を作成しました。

まずはこちらの資料をダウンロードしてご覧ください。

資料ダウンロードはこちら

contactお問合せ

ホームページ制作・webマーケティングに関するご相談・お問合せはお電話またはメールフォームからお願いします。

097-552-0117 平日(土日祝日除く)10:00~18:00